縄文GoGo

5000年前の中部高地の物語

第1話~第10話

縄文GoGo 第1話 シロクンヌ登場

森の中を進むと、樹の枝に布が結ばれていた。 近くに落とし穴がある印だ。 シロクンヌ(男28歳)はヤスの柄(え)で足元の落ち葉を払いながら、前に進んだ。 シロクンヌのヤス。魚を突く道具。突起部は鹿の骨。柄のニギリ部位には桜の樹皮。 大きな荷物を背負っ…

ウルシ村の面々           第2話 初日②

ウルシ村。広場。 広場の中央では焚き火(たきび)が焚かれ、数人の村人が御座(ゴザ)を広げて座っていた。 その間を子供たちが、大はしゃぎで駆け回っている。 広場に面したいろり屋では、大鍋がいくつも火にかけられ、女衆がにぎやかに調理中だ。 ムマヂカリ …

ムササビは骨しゃぶりで       第3話 初日③

広場。続き。 タマ 「コノカミ、鍋一つはここに置くよ。たしかシロクンヌとか言ったね。 男前だね。あたしはタマ。 前の村でもモテただろう。 遠慮せずに食べておくれよ。」 シロクンヌ 「実は腹ペコなんだ。しかしこの鍋の器、こんな器は見た事が無い! こ…

鹿肉は熟成で            第4話 初日④

広場。続き。 シロクンヌ 「美味かった!椀一杯で、この満足感か! ところで、大鍋(縄文土器)を見た時に、正直おれは度肝を抜かれたの だが・・・方々を旅して来たが、おれは今までに、こんなに見事な大 鍋を見たことが無い。 水煙渦巻紋深鉢 井戸尻考古館 …

グリッコの作り方           第5話 初日⑤

広場。続き。 シロクンヌ 「旨い!」 タマ 「旨いだろう。たくさんあるからね、遠慮はいらないよ。」 シロクンヌ 「この肉は、熟しだな。見事なこなれだ!それに、タレが最高だ!」 ハギ 「ムマヂカリが投げ槍でしとめた鹿だよ。 鹿笛の名人で、狩りの腕もい…

シロクンヌの土産          第6話 初日⑥

広場。続き。 シロクンヌ 「おいおいみんな、もう少し離れてくれ。袋から取り出せない。 ほら、まずこれがキッコ。グリッコの味付けや鍋料理にもいいぞ。」 ヤッホ 「キッコって何だ?」 シロクンヌ 「これは珍しいんだぞ。 南の島から舟で何日も掛けてたど…

大傑作水煙渦巻紋深鉢の作者     第7話 初日⑦

広場。続き。 クズハ 「コノカミ、私から、そうお願いしようと思っていたんですよ。 ハニサ、こっちに来なさい。」 顔を赤らめて、恥ずかしそうにハニサがクズハの横に立った。 みんなは思わぬ展開に、成り行きを見守っている。 まさか、あのハニサを?とい…

大ムロヤでなら薪が焚けます     第8話 初日⑧

夕食後の大ムロヤ(大型竪穴式建物)。 炉が二ヶ所あり、そこでは薪(まき)が焚けた。 使う薪は、クヌギが多かった。煙や煤(すす)が少ないからだ。 クヌギの樹は村に接してクヌギ林があり、そこでゆるやかな管理栽培がおこなわれていた。 クヌギは燃料にもなる…

ウルシ村の朝            第9話 2日目①

朝の広場。 季節は秋。高原の村の広場はまだ薄暗い。 しかし山々は赤く染まり、シロクンヌはそのあまりの美しさに、深く感動していた。 そこへ女が一人駆け寄ってきて、シロクンヌの前に立った。 ハニサ 「居たーー、おはよー!」 うれしそうだ。 シロクンヌ…

ウルシ村案内            第10話 2日目②

ハニサ 「これがどんぐり小屋。昨日、話題になってたでしょう。」 シロクンヌとハニサは、小屋に入った。 炉で薪が焚かれていて、周りに魚の串がたくさん刺してある。 シロクンヌ 「なるほど、奥が消し熾き(おき)の置き場になってるんだな。」 ハニサ 「そう…