縄文GoGo

5000年前の中部高地の物語

縄文GoGo 第1話 シロクンヌ登場

 

 

 

 

 

森の中を進むと、樹の枝に布が結ばれていた。

近くに落とし穴がある印だ。

シロクンヌ(男28歳)はヤスの柄(え)で足元の落ち葉を払いながら、前に進んだ。
大きな荷物を背負って、片手にも大きな袋を持っている。
 

 

⦅このずっと先、森の終わりには、崖が切り立っている・・・⦆

 

 

 

⦅その崖は、たやすく登ることが出来る・・・⦆

 

 

 

⦅登り切れば、そこは尾根だ。景色が広がる・・・⦆

 
 

 

彼方の森の向こうに丘がある。
丘の上に旗が見える。
目を凝らすと、上から赤、黒、赤。
ウルシ村だ。
尾根に立ち、広がった景色を見ながら、シロクンヌは⦅予測⦆が当たっていたことに満足した。
森を読む。山を読む。地を読む。それは常に心掛けている事だ。
旗の向こうには高大な山々があり、夕陽に染まり始めていた。
 
 
       今からおよそ5000年前。  縄文時代。  中部高地。
 
 
    飛び石で川を渡り、丘を登ればウルシ村だ。
    向こう岸は洗濯場になっていて、女が一人、何かを洗っている。
 
シロクン  「おーい。渡っていいかー。」
クズハ(女39歳)  「いいわよー。」
 
    シロクンヌは、軽快に飛び石を渡った。
 
クズハ  「わざわざ断らなくてもよかったのよ。」
シロクン  「そうは思ったが、いきなりでは驚かれるかなと思ったんだ。」
クズハ  「そうね。今みたいな速さで渡ってこられたら、ビックリしたでしょうね。
      凄い荷物。旅の方?」
シロクン  「旅人(タビンド)のシロクンヌと言う者だ。この上は、ウルシ村だろう?」
クズハ  「そうよ。私はクズハ。坂道を上れば、村の入口よ。」
シロクン  「洗濯物は、全部ムシロじゃないか。大変だろう?手伝ってやるよ。」
クズハ  「じゃあ、お願いしようかしら。」
 
クズハ  「凄いわね。今日中に終わるなんて、思ってもみなかったわ。
      それに、どうやったらこんなに固く絞れるの?」
シロクン  「普通に絞っただけだぞ。持ってやるよ。」
クズハ  「そんなに荷物があるのに、悪いわよ。」
シロクン  「片手が空いてる。クズハは良い匂いさせてるな。」
クズハ  「村に用事だったの?」 少し赤くなっている。
シロクン  「ああ。少しの間、厄介になりたくてな。色んな土産は持参した。
        このムシロ、10枚以上あるようだが?」
クズハ  「12枚あるわ。大ムロヤ(大型竪穴式建物)の御座や毛皮の下敷きなの。
      お祭りの準備をしているの。洗って干して、少し燻(いぶ)して・・・
      でも洗った後は帰りが大変なのよ。重たくて。だから、大助かりしたわ。」
ムマヂカリ(男26歳)  「クズハ、洗濯は終わったのか?コノカミに言われて、手伝いに来たんだが。」
    ( カミ=村のリーダー  コノカミ=この村のリーダー )
クズハ  「シロクンヌが手伝ってくれたの。タビンドなのよ。」
ムマヂカリ  「タビンドか!見慣れない色の布をまとっているから、そうかとは思った。
        俺はムマヂカリ。この犬はホムラ。おれの相棒だ。ムシロはおれが持つよ。
        手伝ってくれたそうで、有難うな。ん?また固く絞ったもんだな。」
シロクン  「俺はシロクンヌ。よろしくな。」
ムマヂカリ  「シロクンヌ、おぬしは運が良い。今夜は鹿肉だ。俺が仕留めたんだぞ。」
クズハ  「とっても美味しいのよ。」
シロクン  「そいつは楽しみだ。実を言うと、すこぶる腹が減っておってな。」
ムマヂカリ  「もう広場で夕食が始まる。たくさんあるから遠慮なく食べてくれ。」
シロクン  「じゃあ、お言葉に甘えるか。ここの旗塔は立派だな。」

 

ムマヂカリ  「遠くから見えただろう?もうすぐ祭りだから、こないだ建て替えたんだ。」

 

シロクン  「ああ、綺麗だ!」 
    シロクンヌは息を飲んだ。
    村の入口からは、夕陽で真っ赤に染まった山々が見えるのだった。
 
 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

f:id:dakekannba:20210823160010j:plain

f:id:dakekannba:20210825201852j:plain

 
 

 
 
 
          ━━━ 幕間 ━━━
 
日本全国に分布するおびただしい数の縄文遺跡。
そこでは土器や石器、様々な遺物が発掘されました。
でも、対人用の武器は見つかっていないそうです。
どうやら縄文人は、勇猛な狩猟民でありながら、縄張り争いも部族間抗争もせず、ヒト同士は争わなかったようなのです。
一万年に亘(わた)る平和を実現したのが縄文人だとしたら、これは人類の奇跡と言ってもいいのではないでしょうか。
 
勇敢ではあるが、穏(おだ)やかな性質。争いや諍(いさか)いを起こさない為の知恵。
それらを兼ね備えた縄文人の、これは物語なのです。
 
縄文遺跡が発見されるのは、北海道から沖縄まで。
つまり、現在の日本の領土とほぼ同じ範囲に、縄文人は暮らしていました。
私達日本人は、まごうかたなき、縄文人の子孫なのです。
 
縄文時代の中でも最も人口が増えたのが縄文中期、まさにこの物語の舞台がその頃です。
気候は温暖で、現在と変わらないか、むしろ少し暖かかったかも知れません。
ですから食料も豊富で疾病も少なく、過ごし安かったと推測できます。
正に縄文文化真っ盛り。縄文の華と言ってもいい時代であったろうと作者は考えています。
 
作者は考古学者でもなければ、歴史学者でもありません。
それどころか、専門家ではなく一般人です。
でも縄文時代というのは、専門家でも断定に踏み切ることを憚(はばか)られる事柄に満ちた、謎に溢(あふ)れる世界だと言ってもいいのではないでしょうか?
ですから、誰もが縄文時代について、あれこれと空想をしたっていいはずです。
作者の空想の中の縄文世界。そこでの物語が、これから始まります。
 
そこでさっそく、一つ空想してみました・・・
『村は、その存在を隠す必要などなく、むしろ遠方から見える目印が必要だったはずだ。』
だって狩りに出て、道に迷ったらシャレにならないでしょう?
近隣との交流に際しても、必要であったと思います。
みなさんもあれこれ空想をこらして、みなさんの縄文世界をこしらえてみてはいかがでしょう。
現代人にとっての縄文は、そんな空想ロマンに溢れた時代だと思うのです。
 
以上、ここまでが第1話の本文となります。
『縄文GoGo』は5000年前の縄文時代の物語なのですが、小説ではありません。
静止画とナレーションによるYOU-TUBE動画での発表を考えています。
ですから上の文章は、ナレーション部分の原作となります。
そういう訳で、細かい情景描写は省いておりますし、例外もありますが、主に登場人物の会話により、物語が進行していきます。
 
原作はわたくしダケカンバ(吉野向夫)ですが、絵を描いてくれる方を募集しております。
詳しくは『縄文GoGo ダケカンバが描いて欲しいもの』を読んで頂ければ分かりますが、どんな物語かが分からなければ、お話にもなりません。
そこでこのブログにおいて、一部を掲載することに致しました。
実際は、非常に長い物語です。
舞台も、中部高地、富山湾、青森、琵琶湖、八丈島・・・と広範囲に及びます。
 
ご質問のある方、絵を描いてみたいという方がいらっしゃいましたら、お気軽に吉野向夫までご連絡ください。